【学生必見】学生webライターのメリット・デメリット

webライター

現在、中学生でwebライターをやらしてもらってるDAIと言います。今回は、僕が実際にwebライターをやってみて僕が感じた学生でwebライターをするメリット・デメリットをお伝えできたらなと思います!!

学生webライターのメリット

学生でwebライターをするメリットは主に3つあります。

  1. 稼ぐ力が身につく
  2. 友達と少し違う経験ができる
  3. 世界が広がる

では、このようなことがメリットになるのかを1つずつ説明していきましょう!

①稼ぐ力が身につく

稼ぐ力が身につくとはいったいどうゆうことなんでしょうか?
例えば、どんなに難しいこまの技でも1回でも成功することができればどのようにして投げればいいのかなどコツを掴むことができますよね。
Webライターもそれと同じで、1回でも稼ぐことができたら「こんな風にしたら稼げるんだ」というような稼ぐコツというものを掴めるんです。
そうすると、後はもう簡単で一回成功していったやり方を参考に色々な試行錯誤をし、webライターに限らず様々なところでそれを活用できるようになるので自然と稼ぐ力が身についていきます。

②友達と少し違う経験ができる

友達と少し違う経験って何?と思う方多いと思います。
簡単にいうと、学生でwebライターを始めるということも友達と少し違う経験をしています。ですが、もっと言うと先ほどもお伝えしたように学生ながら稼ぐノウハウがわかってきたりなど、周りとは違う経験をすることでみんなとは一つ違うような考え方やスキルが身につきます。
でも、その経験の差を勘違いしてハナタカになって「みんなよりも経験積んでるから僕(私)が絶対正しい!!」という考え方をしてしまうとアウトです。そこら辺はしっかり理解しておきましょう。

③世界が広がる

学生のうちにwebライターを始めると、記事を書いていくごとに一つまた一つと知識が広がっていきます。そうすると、自分の見える世界や考え方が自然と変わっていき他の人とは違う世界げ見えてくることもあります。

学生webライターのデメリット

今までは、学生がwebライターを始めるメリットを紹介してきました。ですが、メリットがあるということはもちろんデメリットもあります。

では、学生でwebライターを始めるデメリットはどのぐらいあるのでしょうか?
それは主に2つあります。

  1. 活動する時間を作らなければいけない
  2. 勉学が疎かになることがある

どうしてこのようなことがデメリットになるのかというのを説明していきましょう。

①活動する時間を作らなければいけない

部活や習い事、塾に行っている人は大体スケジュールが埋まっていると思います。
僕も実際そうでした💦
ですが、そのスケージュールの中で最低でも3時間ほどはwebライターとして活動できる時間を確保しなければなりません。webライターは悪魔でも、お金ももらって仕事をしているので自分の気分次第で記事を書く、書かないというのはできません。仮にそんなことをしていたら、記事の納期に間に合わずすぐ契約を切られてしまうこともあります。なのでwebライターとして活動できる時間を最低限確保する必要があります。

②勉学が疎かになる

webライターばかりに集中し過ぎて、学校の勉強をやらなくなり成績がどんどん落ちていくということがあります。そうすると、自分の目標にしている高校・大学、または就職ができなくなることもあります。webライターは悪魔でも副業と考えてそればかりに集中し過ぎないようにしましょう!

この記事をよんでみてwebライターやってみていって人は、この記事も読んでみてください!

【徹底解説】未経験からのwebライターの初め方とは?
webライターになりたい人必見!!これからwebライターになりたい、なろうかなと思っているけど何から始めたら良いかわから無いという人のために今回は、僕がwebライターになると決めて仕事が取れるようになったまでの方法を詳しく説明して行こうと思います!

 

コメント