【徹底解説】未経験からのwebライターの初め方とは?

webライター

中学生webライターのDAIです。今回は、僕がwebライターになると決めて仕事が取れるようになったまでの方法を詳しく説明して行こうと思います!

webライターは最短どれぐらいの期間でなれる?

webライターという仕事は自分で名乗ればいつでもなれる仕事です。なので、「今から僕は(私は)webライターだ!!」と言ったらあなたはもうwebライターなのです。ですが、どんな仕事だって大抵は勉強をしなくてはいけません。その勉強期間も含め最短では約三ヶ月ほどで収益がで始めると思っておきましょう。

最初は何をしればいい?

webライターになるためにはまず、
・一ヶ月目でwebライティングの勉強
(沈黙のwebライティング・沈黙のwebマーケティングをしっかりと読む)
・二ヶ月目でクラウドワークスやランサーズに登録しプロフィールを充実させる
※未成年の場合はツイッターを開設し、SNS運営をする。また、ココナラに登録しておくのも良い。
・三ヶ月目で仕事を受注し始める

【中高生可】webライターの案件を受注するには?
もし、webライターの仕事してみたいけど、webライターの仕事ってどうやって受注すればいいの?と少しでも思っているのなら、ぜひこの記事を読んでみてください。僕が実際に案件を取れるようになるまでどのようにしてきたかなどを詳しく解説しています!また、中高生の方でもできる方法なので未成年にもおすすめの方法です(^○^)

webライティングの勉強方法は?

webライティングの勉強というのは意外と簡単で…
「沈黙のwebライティング」&「沈黙のwebライティング」を一ヶ月かけてしっかり読みこみ、頭に叩き込んだら大丈夫です!本を購入される際は下の画像をクリックしてください。

クラウドソーシングに登録しよう!

クラウドソーシングというのはwebライターの仕事を取るためのサイトのことです。
ですが、残念なことに未成年はこのサイトには登録できないためツイッターやココナラというサイトから案件を探すほかありません。

クラウドソーシングサイトに登録するなら、「ランサーズ」か「クラウドワークス」が初心者にはオススメです。
なぜなら、このサイトには初心者からできる仕事から、webライター上級者までもが受けるような案件がありとても充実したサイトになっているからです。
案件が多いと、自分に合った仕事など見つけやすいですからね。

プロフィールを充実させよう!

クラウドソーシングに登録できたら次は、プロフィールを書いていきましょう!
実績がない場合、依頼主さんがあなたに仕事を任せるかどうかは大体と言って良いほどプロフィールにかかっています。そのため、プロフィールはしっかり充実させておきましょう。
<プロフィールに書くと良いこと>
①自分の得意分野がなんなのかを書く(絵を描くのが得意ですなど)
②自分の好きなことを書く(アニメを見るのが好きですなど)
③自分の趣味を書く(アウトドアが好きですなど)
④実績を書く(ブログを書いていた経験があるなど)
※嘘は絶対に書いちゃダメ!

なぜこのようなことを書くかというと、依頼主に自分がどうゆう人なのかをある程度理解してもらうためです。

まとめ

当記事の内容をまとめるとwebライターになるためには、

・1ヶ月目 webライティングの勉強
・2ヶ月目 クラウドワークスやランサーズに登録してプロフィールを充実させる
・3ヶ月目 仕事を受注し始める

という流れでwebライターを目指すといいということです!
頑張ってください!

コメント